8月15日(日) | ZOOM

脊柱起立筋ウェビナー

脊柱起立筋のついて基礎から様々な関係性まで学んでいくためのウェビナーです。
脊柱起立筋ウェビナー

日時

8月15日 9:00 – 11:00 JST
ZOOM

詳細説明

【参加費】

7,700円(税込)

【視聴期間】

当日ライブでの参加、および録画の視聴一ヶ月

(当日ライブ参加できない方も録画を9月15日まで視聴していただけます)

【お申し込み期間】

ライブZOOMにご参加できる方は8/13までにお振込が完了した方となります。

それ以降のお振込は、ウェビナー終了後に録画動画の視聴になりますので、ご了承下さい。

【内容】

脊柱起立筋と一括りにされてしまうことが多いですが、

細かくみていくと実は沢山の筋肉で構成されていて、

それぞれの筋肉の機能が違うことも分かってきます。

脊柱起立筋の外側の腸肋筋だけでも、

腸肋筋腰部・胸部・頚部がそれぞれ左右にあると考えていくと、

脊柱起立筋だけだと大雑把すぎると思いませんか?

複雑に分解していっても、その情報を使えないと意味がないですよね。

左右の腸肋筋腰部のどちらに機能不全があるのか、

可動域を通してどのように鑑別したら良いのでしょうか?

このウェビナーでは脊柱起立筋のどの部位に制限があるのか、

ピンポイントに評価できるようになる方法も共有していきます。

キネシオロジー/バイオメカニクス

* 付着部復習

* 脊柱起立筋と横突棘筋

* 腸肋筋・最長筋・棘筋の機能をそれぞれ考えてみる

* 頭・頚・胸・腰部の違いは?

* 股関節との関係、内旋?外旋?

* 下腿を用いて、他動で体幹伸展筋をどう評価する?

* 可動域評価:腸肋筋、最長筋、棘筋、多裂筋

* 神経筋テスト:腸肋筋、最長筋、棘筋、多裂筋

脊柱起立筋との関係性

* 臓器との関係

* 神経リンパ反射点との関係

* 大腰筋との関係

* 経絡・経穴・磁極との関係

アプローチ

* 回旋を入れて、左右の腸肋筋・多裂筋を別々に刺激してみよう!

* 腰部・胸部・頸部・頭部を足から連動させて動かしてみよう!

* アクティベーション方法

共有